HOME > 雑種犬は純血種より長生きする

雑種犬は純血種より長生きする

犬の寿命は犬種や体の大きさ、血統によって影響することをご存じでしょうか。
一般的に大型犬より小型犬、純血種より雑種の方が犬は長生きするという統計があります。

ですからワンちゃんに長生きしてほしい、長く一緒にいたいという人は、雑種の小型犬を飼った方が良いのです。
大型犬だと10年も生きられないケースが多いですが、小型犬の雑種であれば10数年生きる可能性は高くなります。

実際に小型犬の半数程度は10年以上生きますし、雑種であればもう少し割合は大きくなるでしょう。
さらに言うと、性別によっても平均寿命が変わります。

もちろん全ての犬が同じ条件に当てはまるわけではないですが、一般的に人間と同様、犬もオスよりメスの方が長生きです。
さて平均的な寿命が長いのは、雑種の小型犬でメスということは分かったと思いますが、何故純血種は長生きできないのでしょうか。

純血種は近親交配の影響があるのか、先天的に病気にかかりやすいと言われます。
もちろん純血種でも長生きする犬はいますし、逆に雑種でも短命な犬はいます。

ブリーダーも純血種を交配するときに、遺伝子的に体が弱くなるような交配は行わないよう留意しますが、あくまで統計上雑種の方が長生きするというわけです。
また犬を長生きさせるには、毎日のフードの与え方に注意した方が良いのは言うまでもありません。

栄養バランスを考えたドッグフードを与えるようにしましょう。

犬長生きサプリメント