HOME > 犬に野菜をあげてはいけない?

犬に野菜をあげてはいけない?

犬は人間同様雑食ですが、どちらかというと肉食で、お肉などのたんぱく質をメインに摂取します。
ですから犬は野菜を食べても体内で消化することが出来ません。

野菜というと体に良い食べ物というイメージを我々は持っていますが、犬にとっては必ずしも健康に良いものとは言えないのです。
一部では犬に野菜は不要、与えてはならないという意見もあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

結論を言えば、犬に野菜を与えても大丈夫ですが、大量に与えすぎてはいけないと言えそうです。
野菜はといえば、食物繊維が豊富ですね。

食物繊維は非常に消化のしづらい成分で、人間でも消化が難しいと言われます。
では馬や牛などの草食動物は如何にして食物繊維を消化しているのでしょう。

実は馬や牛も自力で食物繊維を消化することは出来ません。
しかしながら草食動物は食物繊維を栄養源として生きていくことが出来ます。

これは草食動物の胃腸などの消化器官には微生物が住み着いており、草食動物が食べた食物繊維をエサにして繁殖します。
これは俗に言う発酵という現象です。

つまり草食動物の体内では発酵が行われているわけです。
実は草食動物は草ばかり食べていますが、生きていくためにはたんぱく質が必要です。

ですから食物繊維で微生物を繁殖させ、微生物からたんぱく質を得ているのです。
さて、話が逸れましたが犬に話を戻します。

犬は確かに野菜を食べても消化をすることは出来ません。
しかしながら消化できないからといっても、野菜を食べても意味がないというわけではないのです。

食物繊維は消化されないので、ワンちゃんの腸内で便の嵩を増したり、腸壁を刺激して便通を促すことが出来ます。
つまり野菜に含まれる食物繊維が犬の腸内のお掃除をしてくれるというわけです。

しかし、だからといって野菜を与えすぎると、逆に便が硬くなり、便通が悪くなることもあるので注意してください。
特に生の野菜は消化がとても難しいので、犬に与えるときは焼いたり、ゆでたりして加熱してあげることが大事です。

加熱すると野菜の食物繊維が柔らかくなりますし、消化しやすくなります。
ただアツアツだと火傷をしてしまいますので、冷ましてから与えると良いでしょう。

ただナスやユリ科の野菜など、犬にとって毒性を示すものもあります。
野菜をなんでも与えても良いというわけではないので注意してください。

犬長生きサプリメント