HOME > 犬はどれくらいうんちしないと危険?

犬はどれくらいうんちしないと危険?

犬も人間と同様、うんちをする生き物です。
しかし犬がうんちをしていないことに、ふと気づくことはありませんか。

犬もうんちをしない日が何日もつづくことがありますが、いわゆる便秘です。
あるいはうんちをしていても、形状がおかしかったり、コロコロウンチ、硬いということもあるでしょう。

もちろん犬も便秘になりますが、人間より深刻である場合があります。
というのも犬は人間より腸が短く、人間ほど長い間便秘であると危険なのです。

普通、健康なワンちゃんであれば毎日、何回かウンチをするものです。
1日に3回食事をしているなら、同じくらいの回数うんちが出ます。

また量も、食事で摂取した量と同じか、それより少し少ない程度出てもおかしくありません。
もしそうでなければ、ワンちゃんの便秘を疑ってあげてください。

うんちの量や回数、硬さなど総合的に判断しなければなりませんから、飼い主も大変です。
ワンちゃんがうんちをするときに苦しそうに力んでいるなら、これも便秘の可能性ありです。

どれくらい便秘が続くと危険かといえば、目安としては2日以上と考えてください。
これ以上続くようであれば、明らかに便秘ですし、病院に行くことをおすすめします。

腸の中に便が溜まり、腸が拡大して巨大結腸症という病気になる可能性もゼロではありません。
巨大結腸症になると、腸が正常に機能しなくなるため、非常に危険です。

便秘であると判断する方法は他にもあります。
例えばお腹が膨れ上がっていたり、触ると張っていて硬い、お腹を触ることすら嫌がることもあります。

また食欲も低下してドッグフードを食べなくなりますし、元気もなくなります。
人間もそうですが、老廃物を体にためたままになりますので、体調も悪くなります。

犬が便秘になる原因とは

ではなぜ、犬は便秘になってしまうのでしょうか。
これは人間の場合に置き換えて考えてみれば、簡単に理解できると思います。

例えば体内の水分が不足しているため、ウンチが硬くなって便通が悪くなることがあるでしょう。
うんちは水分を適度に含むことで、腸内をスムーズに移動できるようになります。

また、食物繊維の摂取量が不足している場合も、うんちが出にくくなる原因と考えられます。
そもそも犬に食物繊維が必要なの?という話ですが、もちろん必要です。

良質なドッグフードは食物繊維も豊富に含まれているため、便秘になりにくいのです。
しかし粗悪なドッグフードばかり与えていると、ワンちゃんが便秘になる可能性を高めます。

もし犬が良く便秘になるなあと感じたら、ドッグフードに問題があることも疑わなくてはなりません。
もちろん犬は肉食ですから、お肉中心の食生活でもある程度平気なのですが、それだけではいけません。

お肉はやはり悪玉菌の大好物ですし、お肉ばかり食べていると、腸内環境が悪化して便秘になることはあるのです。
また添加物が豊富に含まれていたり、原材料が穀物中心であると、ワンちゃんの腸に合わない可能性があります。

それから犬の好物といえば骨ですが、カルシウムの過剰摂取も便を硬くして、便秘を引き起こすことがあります。
犬にとってカルシウムは大事な栄養素ですが、与えすぎにも注意しなければなりません。

つまり犬にとっても、栄養バランスを考えてあげる必要があるということです。
このことは、人間と同様ですから、理解しやすいでしょう。

他にも犬がうんちをしない原因は考えられますが、まずは食事に気を付けてあげてください。
食事が栄養バランスに優れていれば、便秘になる可能性も随分下がると思います。

腸内環境を整える犬用サプリはこちら