HOME > 加熱した卵なら犬に与えても大丈夫

加熱した卵なら犬に与えても大丈夫

犬に与えて良い食べ物とそうでない食べ物って、分からないことって多いですよね。
例えば卵、たんぱく質が豊富ですから、栄養補給には最適な食べ物です。

しかし、人間にとってもアレルギーになりやすい食べ物ではあります。
卵を犬に与えても問題ないのでしょうか。

実は卵の黄身は犬に与えて良いものの、白身は危険といわれています。
なぜなら白身には、アビジンと呼ばれるたんぱく質が含まれており、ビオチンの吸収を阻害するといわれています。

その結果、犬の免疫力低下や脱毛、下痢といった症状を引き起こすことがあるようです。
多少の卵白の摂取であれば、こういった症状は表れないことがあるようですが、それでも危険なことに変わりありません。

なお、ビオチンというのは水溶性のビタミンのことで、皮膚や粘膜を正常にたもつ働きがあります。
また、糖の代謝を促進して、効率的にエネルギーを生み出したり、髪の毛や爪をきれいで丈夫にしてくれます。

卵黄にはこのビオチンが豊富に含まれているものの、卵白のアビジンのせいでビオチンが吸収できないわけです。
犬ほどではないにせよ、人間にとっても卵白の摂りすぎはあまり良くありません。

ですから、卵かけごはんを食べるときも、卵白を取り除いて卵黄だけかけるようにすると良いでしょう。
また、卵白のアビジンも加熱することで、ビオチンと結合しなくなるため、吸収を阻害しなくなるようです。

ですから卵も加熱すれば犬に与えても問題ないということです。
ゆで卵や目玉焼き、卵焼きなど、形はなんでも良いでしょう。

卵は犬にとっても、たんぱく質が豊富でカロリーが低めなため、優秀な食べ物といえます。
犬も肥満になりにくく、豊富なたんぱく質が血を作り、筋肉を強化するのに役立ちます。

とはいっても、極端に卵ばかり食べさせるのも、腎臓や肝臓といった臓器の機能に影響を与えることもあります。
こう考えると、犬に卵を与えるのも、ほどほどにした方が良いということです。

>>犬を長生きさせるサプリはこちら