HOME > 人間よりも高い犬の体温と測り方

人間よりも高い犬の体温と測り方

ふと見ると犬がだるそうにぐったりしている、風邪でも引いたかなと感じるときありますね。
でもいざ熱を測ろうと思っても、そういえば犬の平熱って何度くらいだろうと、ふと気づくことがありますね。

犬の体温って何度くらいか、人間と比べて高いか、低いか知っていますか。
もちろん犬にも平熱があり、それより高ければ発熱している可能性があります。

そもそも犬の体温はどのくらいで、発熱したときの対処法を学んでいきたいと思います。
犬を飼っている人は知っている人も多いでしょうが、犬の体温は大体38度から39度といわれています。

ちなみに小型犬と大型犬で異なり、小型犬の場合で39度前後で、大型犬で38度前後が平熱なようです。
小型犬の方が大型犬よりも、1度前後体温が高いというわけです。

人間で38度を超えると若干ぐったりしてしまいますが、犬は平気なんですね。
つまり犬の体温は、人間よりも若干高いことが分かります。

ですから人間の基準で熱があるかないかを判断することは難しいということです。
一見発熱してなさそうに見えても、実は体温が高くなっていたり、あるいは逆に低くなっている可能性もあります。

犬は人間のように自分の不調を表現することはできませんから、飼い主が注意深く観察してあげないといけません。
いつもより元気がない、ぐったりしている、息が荒い、ごはんを食べないなど、異常を感じたら、熱を測ってあげてください。

もしかしたら、発熱して辛いのかもしれません。
でも犬の体温の測り方って知っていますか、人間と同様脇に体温計を挟めばよいのでしょうか。

もちろん人間と同じ体温計を使うことも可能ですが、衛生面も考えてペット用の体温計を用意した方が良いでしょう。
ちなみに、犬の場合は基本的に、肛門に体温計を入れて、体温を測ります。

肛門に入れても大丈夫?暴れたりしないの?と思ってしまいますが、結構犬はじっとしてくれています。
しっぽを上に持ち上げてあげると、自然と肛門が開くので、そのまま3,4センチ体温計を入れて体温を測ります。

体温計が入りにくい場合は、オリーブオイルやベビーオイル、ワセリンなどを塗ると、肛門に入りやすくなります。
測り方によって、体温が上下することがあるので、おかしいなと思ったら、何度か計測してみましょう。

犬の体温は39.5度から40度を超えると、さすがに危険なのですぐに病院に連れていってあげましょう。
風邪を引いているのかもしれませんし、感染症にかかっている恐れもあります。

>>犬を長生きさせるサプリはこちら