HOME > 犬に水道水を与えてるのは危険?

犬に水道水を与えてるのは危険?

あなたは犬に与えるお水は水道水ですか?それともミネラルウォーターでしょうか。
昨今は水道水を飲む人はあまり見かけなくなりましたが、実は日本の水道水は世界一安全で、清潔な水と言われています。

東京の水は汚いとイメージを持つ人が多いですが、厳格な水質チェックが行われていますし、水自体はとても安全で清潔なのです。
しかしながら菌が繁殖しないために塩素が他国より多いのも事実ですし、配管そのものが汚れていれば、水道水を安心して飲むことは出来ませんね。

さて、結論から言えば、犬に水道水を与えても問題はありません。
水道水を与えたことで、犬の寿命が短くなったという話も聞いたことがありません。

水道水を与えることで、犬の健康を害してしまわないかと心配になる人も多いようですが、もちろん心配な方はミネラルウォーターを与えても良いでしょう。
しかしそれ程気にする必要もないと思われます。

室内で大切に育てられたワンちゃんならともかく、犬は生きるために、道路に溜まっている雨水や側溝の水だって飲みます。
犬にとってもお水は生命を維持する上で必要不可欠なものです。

犬も体の水分が不足すると、脱水状態になります。
ですからもし、ミネラルウォーターがない場合は、水道水でも与えた方が良いのです。

お水を与えることが健康のために大事であって、塩素や配管の汚れといった問題は後回しです。
それでも心配という方は不純物を濾過するために、浄水器でも付けてあげると良いでしょう。

ちなみに人間は健康のためにミネラルウォーターを飲む人もいます。
水道水よりもミネラルが豊富なミネラルウォーターもありますが、犬は人間程ミネラルを必要としません。

ですからお水の栄養素まで気を配る必要は無いのです。
むしろマグネシウムやカルシウムなどのミネラルを必要以上に与えてしまうと、尿路結石など、別の病気にかかることもありますから注意してください。

>>乳酸菌と酵素が摂れる犬用サプリはこちら