HOME > ストレスを与えない

ストレスを与えない

ワンちゃんを長生きさせたいのなら、過度なストレスは与えないようにしなければなりません。
といっても犬はどんなことにストレスを感じるのでしょうか。

基本的には人間に置き換えてみれば良く分かると思いますが、ストレスが溜まる要因は一つではありません。
また、犬によってもストレスが溜まる要因は異なります。

ですから、ご自分のワンちゃんをよく観察して、どんなことを苦手としているのか、どんなことにストレスを感じているのか、考えてみてください。
例を挙げると、環境の変化や運動不足によってストレスを溜める犬は多いようです。

統計的には室外で飼っている犬より、室内で飼っている犬の方が長生きするようです。
これは季節の変化による影響が室内の方が少ないことに起因するのでしょう。

しかし逆に室内に閉じこもってばかりいても、ストレスを溜めてしまいます。
ですから適度に散歩に連れていってあげて、リフレッシュさせてあげることも重要です。

また犬は従順な動物ですから、飼い主との信頼関係を構築することも大切です。
あまり構ってあげなかったり、留守番ばかりさせていると、信頼関係は崩れてしまうかもしれません。

あくまでワンちゃんを不安にさせ過ぎないように注意しましょう。
人間と同様、犬もストレスが溜まります。

ストレスが溜まっている兆候としては、やたらと吠えるようになったり、物に噛みついたりと、感情的な行動を取る傾向にあるようです。
他にも換毛期でもないのにやたらと毛が抜ける、尻尾を追いかけてぐるぐる回る、落ち着きがなく集中力がない、下痢や嘔吐をするなどもストレスを溜めている可能性があります。

このような状態が続くと、病気になりやすくなったり、自傷行為に走ったり、他人に噛みついてしまうこともあるので注意が必要です。
ワンちゃんの心のケアをしてあげることも長生きの秘訣です。

犬長生きサプリメント