HOME > 犬のストレスを見分けるサイン

犬のストレスを見分けるサイン

犬は言葉をしゃべるわけではありませんから、ストレスが溜まっているかわかりづらいですね。
しかし、犬だってストレスを溜めることがあります。

飼い主としてはそのサインに気づいてあげて、適切な対処をしてあげることが大切です。
もちろんよかれと思ってしたことが、ワンちゃんのストレスになっていることもあるでしょう。

犬がストレスを抱えているときのサインを知り、チェックしてみてください。
ストレスを溜めないよう、うまく解消することができれば、犬も健康になり長生きできる確率が高まります。

前足をぺろぺろ舐める

犬が前足をぺろぺろ舐めているのを見かけたことがありませんか。
かゆいのかな?とかノミ取りでもしているのかな?と思っているかもしれません。

猫では良く見かける行動ですが、犬の場合はそれほど回数は多くありません。
ですから、犬が前足をなめるのも、ストレスを抱えている可能性があります。

人間でも緊張したり、不安、ストレスを感じると、頭を掻くという人もいると思います。
犬の場合は、緊張したり不安を感じると、前足をなめるという行動に出るのです。

あるいは遊び足りない、もっと動き回りたいと思っているのかもしれません。
一種の癖のようなものでもあるので、舐めてもすぐやめるならさほど気にしなくても良いでしょう。

しかし何度も同じ場所を舐めているようなら、ストレスを溜めている可能性があります。
可愛いな、微笑ましいなと思って見ている人もいるのではないでしょうか。

でもそんな楽観視して良い行動ではなかったのですね。
知っているかもしれませんが、犬の舌は人間に比べ、ざらざらしていて、舐められると結構痛いです。

ですからただ舐めているだけと放っておくと、皮膚が傷ついたり、炎症を起こすこともあります。
見た目には微笑ましい行動ですが、自傷行為に近い行動ともいえます。

尻尾を追いかけてぐるぐる

また、自分の尻尾を追いかけて、ぐるぐる回る犬もたまに見かけますね。
こちらも前足を舐めるのと同様、微笑ましいワンちゃんの行動だと思っていませんか。

もちろん子犬の場合は、単純に尻尾が気になって追いかけている、あるいは遊んでいるだけと考えられます。
しかし大人になっても治らないようであれば、高い確率でストレスを溜めている可能性があります。

犬も大人になれば、自分に尻尾がついていて、どんな役割があるかはなんとなくわかるものです。
それでも尻尾を追いかけてぐるぐる回るのなら、退屈で、あるいは寂しくて、気がおかしくなっているのかもしれません。

この行動は、留守の家に1人残されたり、放ってかれることの多い犬に多い行動といわれます。
誰も構ってくれない、相手にしてくれない、することがない、暇だと感じ、ストレスを溜めているのでしょう。

人間だって1人狭い部屋に置き去りにされ、話し相手もいない、することもない状況に置かれたら、気がおかしくなりませんか。
ワンちゃんだって一緒、このような状況が続くと、尻尾を追いかけるという異常行動に発展するのです。

最悪の場合、尻尾に噛みついたり、噛みちぎるということもあるといいます。
当然犬も痛いし、したくてしているわけではないと思います。

つまり、それぐらい気が動転しているということなのでしょう。
自分の尻尾も噛みちぎるぐらいですから、周りの人や犬に噛みつくということも十分考えられます。

まとめ

いかがでしたか。
犬がストレスを溜めているときに起こす行動、実は何回か見たことあるのではないですか。

人間と同様、犬であっても、ストレスを溜めるのは肉体的にも精神的にも良いものではありません。
犬がストレスを溜めないために対処できるのは、飼い主ぐらいですから、助けてあげましょう。

犬長生きサプリメント