HOME > 犬の想像妊娠は何故起こる?

犬の想像妊娠は何故起こる?

妊娠したわけでもないのにお腹が膨らむ、つわりになる、母乳が出るなど、いわゆる想像妊娠ですが、これは人間だけにみられる症状ではありません。
実は犬も想像妊娠することがあり、犬の場合は偽妊娠とも呼びます。

想像妊娠になるメス犬は意外と多く、近所のワンちゃんのお腹が膨らむという光景を何度か見たことがあります。
犬の想像妊娠はそれ程不思議なことではありませんし、発情期を過ぎてしばらくすると、自然とお腹の膨らみも戻ってしまいます。

そもそも何故想像妊娠が起きてしまうのでしょうか。
犬にも生理があるのはご存じでしょうが、排卵期には黄体ホルモンがたくさん分泌されるようになります。

犬はこの黄体ホルモンが分泌される期間が人間に比べて長く、大体2か月ぐらい続きます。
この時期は発情後期と呼ばれる時期で、黄体ホルモンが分泌される量によっては妊娠に似た症状が出てしまうというわけです。

ちなみに犬の想像妊娠は放っておいても良いのですが、繰り返し想像妊娠するようなら避妊手術を検討した方が良いかもしれません。
避妊手術を行えば当然生理もなくなりますから、想像妊娠することも無いでしょう。

というのも想像妊娠が何度も起こると、当然体力が奪われますし、ワンちゃんも色んな病気にかかるリスクが高まります。
例えば想像妊娠によって乳腺炎になったり、子宮内膜症や子宮蓄膿症になることがあります。

想像妊娠によって母乳が出るようになると、ワンちゃんは自分で自分の母乳を舐めるようになります。
その結果、乳腺に炎症が起こり、乳腺炎になったりするのです。

乳腺炎になると乳房が腫れて痛みを伴ったり、発熱することもあります。
また膿が溜まって患部が壊死すると、切断しなければならないケースもあるのです。

それから犬は発情期に入ると子宮頸管が開くわけですが、これによって雑菌が子宮内に入り、繁殖するようになります。
その結果子宮内膜症や子宮蓄膿症になってしまうわけです。

当然痛みや発熱も伴いますし、病状が悪化すると食欲が無くなったり、吐き気をもよおす、ひどい場合は子宮が破れて死に至ることもあるのです。
いずれにせよ、ワンちゃんの健康を考えるなら、避妊か出産かどちらを望むべきか、答は明らかな気がします。

犬長生きサプリメント