HOME > 犬のためのソファの選び方

犬のためのソファの選び方

犬を室内で飼う人が増えましたが、ワンちゃんに使いやすいソファを買ってあげたいと考える人もいるのではないでしょうか。
人間同様、犬にとってもふかふかで柔らかく、温かいソファで横になるのは気持ちいいですね。

でも人間が心地良いと感じるソファは、犬にとっても良いとは限りません。
高さや耐久性、衛生面も考えて、犬の最適なソファを選んであげたいものです。

まずワンちゃんはジャンプ力があるとはいえ、人間の使っているソファは高さが高すぎると感じることがあります。
特に小型犬の場合は落下してしまう危険性もありますし、老齢犬にとってはソファに上がったり下りるのも一苦労です。

特に胴長短足のミニチュアダックスフンドなどは、高いソファに上ることすらできないこともあります。
ですから、犬が上がりやすい高さのソファ、いわゆるローソファを選ぶようにすると良いでしょう。

特に飼っている犬が小型犬なら、ソファの高さは15センチから20センチくらいには抑えたいところです。
また、犬が使うとなるとお手入れがしやすい点も、ソファを選ぶ際に大事なポイントです。

やはり人間だけが使う場合と違って、ソファが傷ついたり、汚れるスピードも当然速くなります。
ですからお手入れがしやすいのと、価格帯も傷つけられても落ち込まない程度にする必要があります。

犬は人間より毛が抜けますし、外をお散歩して汚れた足でソファに上がります。
こう考えると、手入れのしやすいソファの素材は合皮(レザー)がベストだと考えられます。

合皮であれば値段も抑えられますし、水拭きできますし、毛も拾いやすいですし、ダニも発生しにくいです。
いやいや、ソファにはカバーを使った方が良いと考える人もいるでしょう。

それでも良いですが、カバーは布製が多いですし、汚れがしみ込みやすいです。
またそんなに頻繁に洗濯するのは大変ですし、乾かしている間はソファにカバーをかけることができません。

ですから、総合的に考えて合皮タイプのソファが良いというわけです。
こちらのローソファは合皮タイプで値段も抑えめ、ワンちゃんと一緒に使うのにおすすめのソファ(2人掛け)です。


もちろん、ソファを使うのは人間だけ、犬にソファは使わせないと考えている人もいるでしょう。
そうであるならば犬のために、犬に使いやすいソファを買う必要はありませんし、そういう考えも悪いわけではありません。

しかし犬がソファを使わないようにしつけをするのも大変ですし、飼い主が見ていないうちにソファに上がってしまうかもしれません。
大切に扱っている高いソファを汚されるかもしれませんし、犬も飼い主もお互いにストレスが溜まってしまいますね。

ですから、飼い主も犬ものびのび使えるソファを買う方が良いと個人的には思います。
価格が抑えめで、高さの低い、ロータイプの合皮ソファ、これが一番最適なソファだと思うわけです。

ロータイプのソファのメリットはもう一つ、圧迫感がなくなって、部屋が広く開放的に見えるということです。
合皮ソファはインテリアもスタイリッシュになりますし、シンプルなデザインなら飽きずに長く使えます。

せっかく室内でワンちゃんを飼うなら、線を引かずに同じソファで一緒にいたいものです。
3人掛けタイプのソファもあるので、広々使いたい方はこちらもおすすめです。