HOME > 犬の食事に野菜は不要!?

犬の食事に野菜は不要!?

犬の食事といえばドッグフード、毎日食べていると思いますが、ドッグフードだけで良いのでしょうか。
もちろんドッグフードは改良に改良を重ね、他に何も食べなくても良いように、栄養素を考えて作られています。

ですからこれまで、基本的に犬の食事はドッグフードを与えていれば良いといわれてきました。
しかし昨今は野菜に含まれる食物繊維が、犬の健康に良い効果を与えることが分かってきました。

犬にだって食物繊維が必要ですし、たんぱく質ばかり摂取すると便秘したり、胃もたれすることもあるのです。
それに毎日同じ食べ物で可愛そう、たまには違うものを食べたくならないのか、と思う飼い主もいるでしょう。

でしたら、犬にも健康を考えて、野菜を与えてみてはいかがでしょうか。
ワンちゃんに味は関係ないといっても、やはりたまには違うものを食べたいと考えているかもしれません。

犬に与えてはいけない野菜も存在しますので、なんでもかんでもあげていいわけではありません。
ただ犬にだって食べられる野菜はいくつかありますので、参考にしてみてください。

ドライフードでは不十分!?

確かにドッグフードは栄養素は完璧かもしれませんが、それだけで十分とは限りません。
例えばドライタイプのドッグフードを与えている飼い主の方は多いと思います。

しかしドライフードでは水分量が圧倒的に不足してしまいますし、生食でしか摂取できない酵素は摂取できません。
そこで、犬にも野菜を与えることで、水分と酵素を同時に摂取させてあげましょう。

散歩中、道端に生えている雑草をワンちゃんが食べるのを見かけたことはありませんか。
ただ好奇心から雑草を食べていることもあるでしょうが、もしかしたら体が食物繊維を欲しているのかもしれませんよ。

犬に与えて良い野菜は?

では犬に与えても良い野菜はどんなものがあるでしょうか。
例えばブロッコリーやキャベツ、白菜、レタス、ニンジン、大根、じゃがいも、トマトなどは犬に与えても大丈夫でしょう。

ただそのまま与えると硬すぎて、食べづらかったり、消化しにくい可能性があります。
ですので、芯の部分は取り除いてあげたり、カットして茹でて与えるなどして、ワンちゃんが食べやすいようにしてあげると良いでしょう。

春キャベツは柔らかいので生のまま与えても大丈夫だと思いますが、あげすぎるのもNGです。
また、白菜やレタスなんかは食物繊維の量も控えめなので、野菜デビューのワンちゃんにはぴったりかもしれません。

レタスに至ってはは水分量も豊富なので、犬の水分補給にもぴったりの野菜です。
またトマトも水分が豊富ですし、リコピンが体の酸化を防ぐ働きが期待できます。

じゃがいもに至っては、加熱してもビタミンCが失われないことから、ワンちゃんのビタミン補給に向いている野菜です。
ただ人間が食べるときと同様、じゃがいもの芽はちゃんと取り除いてあげましょう。

これらの野菜には食物繊維の他、ビタミンCやβカロチンなどの栄養を豊富に含んでいます。
ワンちゃんの消化や便通をよくしたり、活性酸素の発生を抑制でき、健康のためにも大いに役立つでしょう。

このようにワンちゃんにも与えて良い野菜は意外とたくさんあることが分かりました。
ただ、人間よりも野菜の消化が苦手ですから、野菜の与えすぎには十分注意してください。

またネギ類やニンニク、アボカドなんかは犬には与えると危険なので、気を付けてください。
犬に与えて良い野菜とそうでない野菜、与える量、これだけはきっちり守って、ワンちゃんに長生きしてもらいましょう。

>>乳酸菌と酵素が摂れる犬用サプリはこちら