HOME > 犬の食糞を治すには?

犬の食糞を治すには?

犬の食糞とは、ワンちゃんが自分のウンチを食べてしまうことを言います。
排泄したものを食べるなんて人間にとっては信じがたいですが、自然界では自分の糞を食べる動物や虫は意外と多く存在するのです。

例えば猫は自分の子猫のウンチを食べますし、象やパンダも幼少期に親のウンチを食べます。
また豚も草食動物のウンチを食べると言われますし、意外と食糞はそう珍しい行為ではないことが分かります。

でも飼い主としてはウンチを食べたワンちゃんとじゃれ合うのは気が引けますし、病気になったりしないのでしょうか。
そもそも不衛生ですし、散歩中に他の犬の糞を食べて病気に感染したりしたら、たまったものではありませんね。

ではどうすれば犬の食糞は治るのでしょうか。
食糞は割と幼犬に多く、成長とともにしなくなるのですが、中々治らない犬もいるみたいです。

実は犬が食糞してしまう原因は色々あります。
例えば食事の量や回数が足りずお腹が空いていた可能性もありますし、ストレスが溜まってつい食べてしまったのか、あるいは消化器官の機能が弱っていて、糞にエサの臭いが残っていたのかもしれません。

食事が足りなかったのであれば、少し多めにご飯を与えれば済みますが、ストレスが溜まっていたり、消化機能が弱っていたら、対策が必要ですね。
ストレス解消には散歩に連れていったり、かまってあげる機会を増やしてあげると良いですね。

そして消化機能が弱っているのなら、サプリメントを用いたり、消化に良いドッグフードを与えてあげると良いでしょう。
胃腸の機能が良くなると食べものが未消化のまま出てくることも無いでしょうから、食糞しなくなるかもしれません。

犬長生きサプリメント