HOME > 犬が刺身を食べたら下痢してしまった

犬が刺身を食べたら下痢してしまった

刺身って美味しいですよね。
サーモンにマグロ、イカなど、お酒が良く進みます。

こんなにおいしいお刺身、大切なワンちゃんにも味わってほしいですよね。
「お魚銜えたどら猫追っかけて」といいますし、犬に刺身を与えても大丈夫な気もしますね。

では犬に刺身をあげても大丈夫なのでしょうか。
結論から言えば、基本的には少量であれば犬に刺身を与えても大丈夫なようです。

しかし実は以前犬に刺身を食べさせたら、下痢をしてしまったという経験があります。
刺身が原因かは100%断定できませんが、やはり食べ過ぎはよくないのでしょう。

犬って主食がお肉ですが、お魚の消化がうまくできないようです。
ですから魚を食べ過ぎると、消化不良を起こして下痢したり、嘔吐することもあるようです。

特に刺身を細かく切ってあげないと、犬は丸飲みしてしまいます。
もし犬に刺身をあげるときは、細かく切ってから与えるようにしてください。

犬種や体格、体調にもよるでしょうが、刺身を与えるときは、せいぜい1切れ2切れ程度にしておきましょう。
ただ犬は玉ねぎやニンニクなどは食べさせると危険といわれています。

というのも玉ねぎやにんにくに含まれる硫化アリルが溶血作用を引き起こすのだそうです。
ですから玉ねぎを妻にしたり、カツオのたたきににんにくを乗せたりしている人もいるでしょう。

この場合刺身以上に付け合わせの方が危険なので、組み合わせには気を付けてください。
わさびや醤油も犬には刺激が強く、塩分の摂りすぎになるので、何もつけないで与える方が良いでしょう。

また刺身は生の魚ですから、チアミナーゼがチアミン、つまりビタミンB1を破壊してしまいます。
そのため、犬に刺身を上げ過ぎると、ビタミンB1が不足してしまうというわけです。

特にイカや貝は、内臓にチアミナーゼが大量に含んでいるといわれます。
ですから、犬に刺身をあげるときも、イカや貝は避けた方が無難といえます。

昔日本でも脚気が流行りました。
これも生魚を主食にしていたことによる、ビタミンB1欠乏症だったようです。

他にも生の魚には寄生虫や細菌の心配もありますし、刺身を無理に与えることはないと思います。
特に危険を冒してまで、犬に刺身を与えるメリットはあるでしょうか。

どうしてもあげたいなら、せめて加熱して、お魚を与えた方がよさそうです。

>>乳酸菌と酵素が摂れる犬用サプリはこちら