HOME > 犬の散歩コースを変えてみる

犬の散歩コースを変えてみる

あなたは大切なワンちゃんと毎日散歩をしていますか。
室外で放し飼いにしているから散歩は必要ない、そう考えているなら大間違いです。

犬の散歩には運動をさせるという目的だけでなく、ストレスの解消や社会化という目的のために行います。
むしろストレス解消と社会化の方が大切で、運動は二の次という考え方もあります。

犬は縄張り意識が強く、例え庭で放し飼いをしていても、自分の領域で活動しているにすぎません。
散歩は自分の領域を離れて、外の世界を見て回ることに意味があるのです。

特に子犬の頃に社会性を身に付けておかないと、成長しても神経質で臆病な犬になります。
その結果、他の犬に怯えたり、吠えたりするようになりますし、人に噛みついてしまうかもしれません。

どれくらい散歩をすれば良いかは犬種や犬の大きさによって異なります。
当然大型犬程たくさんの運動が必要になるでしょうから、散歩の距離も長くなります。

逆に小型犬などは長い距離を散歩をさせる必要はありません。
しかしながら散歩の意味が犬の脳の刺激にあるのなら、小型犬でもある程度の時間、外の世界を散歩させるのは重要だといえます。

また毎日同じコースを歩くのではなく、たまには違うコースで散歩をするのも、ワンちゃんの脳を刺激する上で大切です。
毎日同じ時間に同じコースを同じ速度で散歩しているのでは、ワンちゃんの脳に与える刺激が単調になってしまいます。

ですから犬もぼけるリスクも高まりますし、散歩をする意味があまりなくなってしまうのです。
たまには散歩コースを変えてみることでワンちゃんの好奇心も刺激され、リフレッシュ効果も高まるでしょうから、是非やってみてください。

犬長生きサプリメント