HOME > 散歩が嫌いな犬は散歩しなくていい?

散歩が嫌いな犬は散歩しなくていい?

散歩といえば、犬は絶対好きなものと思っていませんか。
犬だって人間と同じで性格もバラバラ、散歩が嫌いな犬だっているんです。

散歩しなくていいなら、飼い主は楽なものです。
でもどんなに散歩が嫌いでも、散歩しなくていいということではありません。

散歩は犬の体を強くするための運動と、色々な人やモノに触れて、心を発達させるために必要なものです。
中には、チワワなどの小型犬は散歩が必要ない、という意見もあるようです。

しかし、大型犬よりも散歩の量が少なくていいというだけで、散歩が不要というわけではないのです。
家の中で運動すればよいと思われるかもしれませんね。

しかし家の中で運動する、ご近所迷惑になりますし、家の中が汚れます。
また、犬が怪我をする恐れもありますし、何より外の世界に触れて、心を成長させることができないのです。

ですから、たとえ犬が散歩を嫌いでも、散歩に連れていくようにしましょう。
しかし、どうして散歩が嫌いな犬が出てきてしまうのでしょうか。

単なる性格の違いなのでしょうか。
もちろんただ出不精なだけ、という可能性もあるでしょうが、そうでない場合もあります。

例えばこれまで散歩をしてこなかった子犬などは、まだ外の世界に慣れていないのかもしれません。
慣れていないことをするのは、人間であってもあまり心地よいものではありませんね。

また、以前散歩をしたときに怖い目にあったというのも、散歩を嫌がる理由の1つとして考えられます。
この場合は、やはり場数を踏んで、散歩に慣れさせるということが大切になってきます。

最初は短い時間から始め、徐々に散歩の時間を増やすという方法で対応してはいかがでしょうか。
他にも、首輪が邪魔臭くて嫌だ、と考えている可能性もあります。

しかし安全のためにも散歩中は首輪をはめ、リードを付けなければなりません。
首輪がきついのであれば、サイズやタイプの違うものを付けてあげたり、長いリードにするなどしてみましょう。

ただ首輪を嫌がっているのに、無理やりはめようとすると、かえって散歩嫌いを助長してしまうかもしれません。
上手にコミュニケーションを取りながら、ワンちゃんが気に入ってくれる首輪をチョイスしましょう。

このように散歩を嫌いな理由は色々考えられますが、犬がなんとか散歩を気に入ってくれるよう、飼い主も我慢が必要です。
ワンちゃんの心身の健康のためにも、散歩をしないという選択はしないようにしてください。

ただ本当に病気であったり、怪我をしている、老化のために散歩ができないというケースもあります。
この場合は無理に散歩に連れていくのはおすすめできませんので、ケースバイケースということもあります。

>>乳酸菌と酵素が摂れる犬用サプリはこちら