HOME > 犬に魚を与えてはいけない?

犬に魚を与えてはいけない?

猫といえば魚というイメージがありますが、犬は魚を食べても良いのでしょうか。
実は魚に含まれるDHAは脳の神経細胞の働きを活性化させるため、ワンちゃんのボケ防止にも効果があると言われます。

またEPAは血液中の中性脂肪やコレステロールを分解する作用があるため、血栓を溶かしたり、動脈硬化や脳卒中、癌の予防にも効果があるそうです。
DHAを多く含む魚はマグロやぶり、EPAを多く含む魚はイワシやニシンですが、サバやサンマはDHAもEPAも豊富に含みます。

さらにDHAやEPAは細胞を傷つける活性酸素の発生を抑制する働きもありますから、老化防止にも繋がります。
こういった効果効能がありますから、犬も魚を摂取した方が良いといえます。

しかし犬に魚を与える場合は注意しなければならないポイントがあります。
それは魚には犬にとって有害な成分も含まれているということです。

特に生の魚にはチアミナーゼ酵素と呼ばれる酵素が含まれており、犬のビタミンB1を破壊することが分かっています。
そのため犬が生魚を食べると、ビタミンB1欠乏症になり、嘔吐や痙攣をおこしたり、最悪命を落とす可能性もゼロではありません。

ただこのチアミナーゼ酵素は熱に弱いため、加熱すれば犬に魚を与えても大丈夫なようです。
しかし魚に熱を加えるとDHAやEPAもある程度失われることにも留意しなければなりません。

では簡単にDHAやEPAを摂取する方法は無いのかといえば、サプリメントを併用することでDHAやEPAを簡単にとることが出来ます。
市販されているサプリメントを犬のエサに少量加えてあげるだけで、簡単にDHAやEPAを摂取できるのでおすすめです。

なお犬や猫に玉ねぎを与えていけないのはご存じですか。
犬猫に玉ねぎを与えたときの副作用はこちらにも書かれていますが、多少与えても平気なことはありますが、危険ですので止めておきましょう。

犬長生きサプリメント