HOME > 犬アレルギーでもトイプードルが飼いやすい理由

犬アレルギーでもトイプードルが飼いやすい理由

犬が大好き、犬を飼いたいのに、犬アレルギー、なんて悲しいことでしょう。
でも犬の中でも、アレルギーを起こしやすい犬とそうでない犬がいるのをご存じでしょうか。

実はトイプードルはアレルギーを起こしやすい犬といわれています。
しかしどういうわけか、トイプードルは、アレルギー持ちでも飼いやすい犬といわれているのです。

そもそもなぜ犬アレルギーが発生してしまうのでしょうか。
アレルギーの原因はたんぱく質ですから、おそらく犬のフケや毛に反応してしまうのでしょう。

しかし、猫アレルギーに比べ、犬アレルギーの人はそんなに多くありません。
ただ犬が直接原因ではなくても、犬のフケや皮がダニのエサとなり、ダニの繁殖を促してしまうこともあります。

また、犬の毛が花粉や埃を寄せ付けてしまって、二次的にアレルゲンを吸ってしまうこともあります。
このように犬が間接的な要因となって、アレルゲンとなりうる物質を増やしてしまっているのです。

ですから、室内の掃除や換気によって、室内を清潔にしておけば、このようなアレルギー症状を減らすことができます。
ある犬ではアレルギー反応はでなかったのに、違う犬種の犬を飼ったらアレルギーになってしまったという人はいませんか。

犬アレルギーの検査では、大抵犬のフケを対象として検査が行われます。
その検査によると、アレルギーの起こりやすい犬とそうでない犬がいることが分かっています。

その中でもトイプードルやダックスフンドは、割と高い数値を示しているのです。
ではトイプードルはアレルギー持ちには飼いにくい犬種なのでしょうか。

すべての人に当てはまるわけではないでしょうが、犬アレルギーであっても、実はトイプードルは飼いやすい犬といわれています。
なぜか、トイプードルはフケや抜け毛があまり多くない、特に抜け毛が少ない犬種なのです。

考えてみると、トイプードルの毛はクルクルと巻いてあることが分かると思いますが、絡み合っているおかげで毛が抜けにくいのです。
それに抜けたとしても、風に舞って空気中を浮遊しにくいので、アレルゲンを吸い込んでしまう心配も少なくなります。

他にもマルチーズやヨークシャーテリアなんかも抜け毛が少ないようなので、比較的飼いやすいかもしれません。
犬アレルギーだけどどうしても犬が飼いたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

>>犬用長生きサプリはこちら