HOME > 犬をお風呂に入れる頻度や温度、乾かし方など

犬をお風呂に入れる頻度や温度、乾かし方など

人間は毎日お風呂に入るのに、犬はお風呂に入れていない、なんてことありませんか。
犬だって同じ生き物ですから、お風呂に入れなければ、臭いがきつくなったり、汚くなってしまいます。

室内犬であればなおさらですが、庭で飼っている場合も、定期的にお風呂に入れてあげるようにしましょう。
さて、ではどのくらいの頻度で犬をお風呂に入れてあげればよいのでしょうか。

目安としては、1週間に1回から2回程度が良いとされています。
全くお風呂に入らないのは論外ですが、頻繁に入れすぎるのも問題です。

特に犬の皮膚は人間より薄く、デリケートなものです。
頻繁にお風呂に入れてごしごし洗ってしまうと、皮膚を傷めたり、皮脂が過剰に除去されてしまう恐れがあるからです。

ですから普段はお風呂に入ってもお湯だけで洗い、2週間に1回程度シャンプーを使うようにします。
もちろん、シャンプーは人間が使っているものは刺激が強いので、犬用シャンプーを使いましょう。

なお温度は人間がぬるいと感じる温度、35度から37度程度にしておきます。
これは犬の皮膚が弱いのもありますが、体温調節が人間ほど上手でないことに起因します。

もちろん冷たすぎてもダメ、暑すぎてもダメ、人間以上に水温には気を付けた方が良いでしょう。
シャンプーを使った場合は、シャンプー残りがないよう、しっかり手を使って、洗い流します。

タオルで体をふくときも、刺激を与えないよう、タオルを押し当てるようにして、水分をふき取ってきます。
犬は体温調節が苦手といいましたが、しっかり乾かしてあげないといけません。

しっかり乾かさないと、体温低下を招いたり、臭いの原因になったり、皮膚トラブルを招く恐れもあります。
ドライヤーを使っても良いですが、温度は低めにし、直接当てることは避けながら、手に当てるようにして、乾かすようにしましょう。

ちなみに体の弱い小型犬や老齢犬の場合、お腹が冷えやすいので、お腹から乾かすというのも一つのポイントです。
このように、犬をお風呂に入れるときも、気を付けるべきポイントがいくつかあることが分かりました。

大切なワンちゃんを定期的にお風呂にいれ、清潔にしてあげるようにしましょう。

犬長生きサプリメント