HOME > 犬の抜け毛は何故起こる?

犬の抜け毛は何故起こる?

人間も自然に毛が抜けますから、犬の抜け毛があっても珍しいことではありません。
しかし人間と違うのは換毛期と呼ばれる時期があり、この時期には大量に毛が抜けます。

初めて犬を飼われた方は換毛期に大量に抜け毛が起きるので、何かの病気ではないかびっくりされる方もいるようです。
しかし大量に抜け毛があったからといって、即座に病気というわけではないので安心してください。

そもそも何故換毛期があるのかといえば、これは犬の暑さ対策であると考えられます。
犬は人間に比べて発汗量が少ないので、体温調節が上手ではありません。

ですから暑くなる夏に備えて、春先に毛が抜けおちるというわけです。
しかし換毛期が原因ではなく、犬の毛が大量に抜けているようであれば注意が必要です。

人間も強いストレスを感じると脱毛症になる人がいますが、犬もストレスを過剰に受けると脱毛してしまうことがあります。
ストレスを感じているような仕草が見て取れたら、何にストレスを感じているのか、飼い主としても見極める必要があるでしょう。

それからアトピーなどの皮膚疾患、あるいは内臓に疾患があって抜け毛が起きることもあります。
何らかの病気を抱えている恐れもあるので、日ごろからワンちゃんを注意深く観察してあげてください。

犬の皮膚は非常に薄く、ノミやダニが原因でアレルギー症状が出ることもあります。
その場合はワンちゃんも痒がったり、脱毛部が赤く腫れていることがあるのですぐに分かるでしょう。

犬の皮膚病も腸内環境の乱れによる免疫異常が原因であることがあります。
乳酸菌や酵素を含んだ犬用サプリメントで腸内環境を改善させると症状が良くなる可能性はありますよ。

犬長生きサプリメント