HOME > 犬の寝たきりを防ぐのは日々の運動

犬の寝たきりを防ぐのは日々の運動

今まで元気に走り回っていた愛犬が、ある日突然寝たきりになる、考えたくないですね。
でも犬だって、突然歩けなくなったり、立てなくなることもあるのです。

このような犬の寝たきりを予防するにはどうすれば良いか、運動をさせることです。
特に犬は体重が前足にかかりやすいため、後ろ足をあまり使わないと、後ろ足の筋力が低下していきます。

その結果、後ろ足が思うように動かなくなって、運動をしなくなります。
犬だって高齢になると、体の筋力が衰えて、体を動かすことが辛くなっていきます。

それは分かりますが、運動をしないと、さらなる筋力の低下を招き、寝たきりになってしまうわけです。
しかし普段から運動をしていると、筋力も付きますし、老化のスピードを抑えることができます。

ですから、まだ体が元気で思うように動くうちに、運動を制限したり、さぼらないようにしましょう。
最近、散歩に行っていますか?

昼寝していたら放っておいていませんか?
同じコースばかり散歩してはいませんか?

思い当たる節が少しでもあったら、気を付けてください。
眠そうにしていても、外に連れ出して一緒に遊んであげましょう。

たまにはいつもと違うコースを散歩して、ワンちゃんに刺激を与えてあげましょう。
ただ義務的に散歩をするのではなく、犬との散歩を大いに楽しむのです。

ワンちゃんが辛そうにしているのに、無理やり引っ張って連れていくような散歩もやめましょう。
ワンちゃんが自分で歩き出すのを、気長に待ってあげるのも大切です。

もちろん天候が悪い日や、暑すぎる日、寒すぎる日は無理に散歩をすることはありません。
その場合は、室内でボールを使ったりして、体を動かすと良いでしょう。

>>犬用長生きサプリはこちら