HOME > 添加物は犬にも危険?犬にあげたい無添加フード

添加物は犬にも危険?犬にあげたい無添加フード

犬を室内で飼う人が増え、今まで以上に家族として接しているご家庭は多いと思います。
ですから、大切なワンちゃんのために美味しいだけでなく、安心できるドッグフードをあげたいとは思いませんか。

しかしながら、数多くあるドッグフードの中からどれを与えれば良いか迷ってしまいますね。
美味しくて体にもやさしい、そしてできればお値段も抑えめなドッグフードがいいですね。

そこでドッグフードを選ぶ際のこれだけは注意しておきたいポイントを抑えておきましょう。
添加物の危険性が叫ばれる昨今、犬にも無添加フードを与えた方がいいのはもちろんです。

市場には無添加のドッグフードも増えてきているので、飼い主としてもうれしいかぎりです。
ですからドッグフードも100%無添加なものを選ぶようにしましょう。

それから犬の主要な栄養素はたんぱく質ですから、たんぱく質豊富なドッグフードを選ぶようにします。
効率的にたんぱく質を摂取するにはやはりお肉ですから、お肉がたっぷり入っているドッグフードが良いでしょう。

そしてもう一つ、グレインフリーなドッグフードを選ぶようにします。
グレインとは穀物のことですが、犬は穀物を消化するのがあまり得意ではありません。

その結果栄養バランスが悪くなり、糖尿病、肥満、皮膚炎になるなどの危険性があります。
それに犬が食糞をするのは、炭水化物の過剰摂取が原因ともいわれます。

犬はそんなに炭水化物を摂取する必要のない動物であることは理解しておきましょう。
昔はドッグフードのメイン原料はとうもろこしや小麦などの穀物であったそうです。

今にして思えば、ワンちゃんになんて可愛そうなことをしたのかと、心苦しいですね。
ドッグフードは毎日食べるものですが、毎回ペットショップまで足を運び、重たいフードをもってかえるのは大変です。

定期的に必要なものなので、ドッグフードは通販で定期購入すると良いでしょう。
通販で定期購入すれば割引してくれるお店もありますし、勝手に家まで届くので便利です。

>>犬の健康を考えたカナガンフードはこちら