HOME > 犬が草を食べる理由と発生するトラブル

犬が草を食べる理由と発生するトラブル

散歩中に犬が、道端に生えている草を食べるなんて経験がありませんか。
飼い主の中には大して気にせず放っておく人もいます。

草を食べて生きている動物もいますから、犬が草を食べても何ら不思議ではない、そう思われるかもしれません。
しかし犬は草食動物のように、植物を上手く消化できるような器官をもっていません。

そのため、犬が草を食べた後、消化できなくて嘔吐するなんて経験をした飼い主もいらっしゃるはずです。
犬が草を食べる理由は色々ありますが、食べ物が消化しきれなくて胃もたれしたときや、胃の中に溜まってしまった体毛を吐き出すために草を食べることがあります。

犬が草を食べて、急に嘔吐した、なんて経験がありませんか。
犬は体の毛を舐める習慣がありますが、換毛期などたくさんの体毛が抜けるため、体を舐めていると、大量の毛が体内に入ることになります。

その結果胃や腸の中で毛玉になり、ひどい場合は腸閉塞になる犬もいます。
そんな体の中に溜まった毛玉を上から下から体外へ排出するために草を食べるのです。

しかし実は草の中には、犬が食べても良いものと、そうでないものがあります。
むしろ食べられない草の方が多いかもしれません。

チューリップや菊、アジサイなど公園やその辺に生えている植物も、犬が食べてはいけない部類に入ります。
人間よりも嗅覚の発達しているとはいえ、犬もどの草が食べられて、どの草が食べられないのか、明確に区別することが出来ないのです。

あくまで匂いだけで安全な草と危険な草を完全に見分けることが出来ないため、危険な草も平気で食べてしまう、なんてこともあるのです。
また人間同様、犬も飼い主が構ってくれなかったり、ストレスが溜まっているとやけ食いしますし、食事の量が足りなくてお腹が空いていると、ついつい道端に生えている草をぱくりと食べてしまうこともあります。

大抵は安全な草でしょうから、それ程気にする必要はないかもしれません。
しかし中には食べてしまうことで舌や口が炎症を起こしたり、嘔吐や下痢になったり、目まいや痙攣を引き起こしたり、息が出来なくなって最悪の場合は命を落とすなんてこともあるのです。

ですから犬が不意に草を食べてしまわないように、食事はきちんと与えること、無駄なストレスを与えないこと、散歩中に草を食べないようにしっかり見張ること、普段の食事で食物繊維を含む野菜を与えるようにすると良いでしょう。
わざわざその辺に生えている草を食べなくても、野菜を与えれば良いのです。

>>乳酸菌と酵素が摂れる犬用サプリはこちら