HOME > 犬が車酔いしたときの前兆と対処法

犬が車酔いしたときの前兆と対処法

犬を車に乗せてドライブしている人をたまに見かけます。
窓を開けてドライブしているのを見ると、犬が飛び出してしまわないか心配になってしまいます。

でも大切な愛犬とのドライブ、楽しそうでうらやましいものです。
しかし、犬だって人間と同じように、車酔いするのをご存じでしょうか。

犬が車酔いする原因は

実際に車の中に、ワンちゃんに嘔吐された、そんな経験をお持ちの方もいると思います。
犬が車酔いしてしまう原因は人間と一緒です。

車の揺れに耐えられず、三半規管が刺激されて、自律神経のバランスが崩れてしまうために起こります。
以前に車酔いしてしまった犬は、また車に乗ることで気持ち悪くなるのではと心理的な影響も受けるようです。

あの車内の独特な臭いが苦手、嗅いでいるだけで酔ってしまう人もいると思いますが、これも心理的な影響なんです。
では実際犬が車酔いしたらどうなってしまうのか、防ぐ方法はないのでしょうか。

車酔いしている前兆と対策

犬が車酔いしているなと考えられる行動は、例えば以下のような行動があります。

・よだれがたくさん出る
・あくびの回数が増える
・クーンとか細く鳴く
・訴えるように吠えだす

このような前兆があり、いざ耐えられなくなると、犬も吐いてしまうわけです。
ですから犬が上記のような行動に出たら、酔っている可能性があるので、少し休憩させてあげてください。

車外に出て、ゆっくり散歩させるのも良いでしょう。
車の揺れから解放され、外の新鮮な空気を吸うことで、犬も気分転換になるはずです。

そうすると自律神経のバランスも整い始め、徐々に気持ち悪さも消えるのではないでしょうか。
しかし高速道路や渋滞時など、どうしても車を降りられないという場合もあるでしょう。

その場合は、窓を開けて空気を入れ替えるだけでも良いですのでやってみてください。
犬も外の空気を吸ったり、さわやかな風に当てられて、少し楽になると思います。

事前にできる車酔い対策

ただいざ嘔吐してしまったときに備えて、ビニール袋やトイレットペーパーを用意するのも忘れないようにしましょう。
車内が吐しゃ物で汚れないように、事前にペットシートを敷いておくのもおすすめです。

また人間の場合もそうですが、お腹が空きすぎていたり、満腹すぎても、車酔いしやすいのは犬も同じです。
ですから車に乗る1,2時間前に食事を済ませ、食べても軽くお腹に入れる程度にしておきます。

こうすることで、車酔いしにくくなりますし、いざ吐いても軽症で済みます。
それから車が揺れるために酔ってしまうので、揺れないように体を固定させてみても良いでしょう。

どうやって固定するの?と思われるかもしれませんが、犬専用のシートベルトもあります。
安全運転するなど、運転手の心がけで揺れを軽減することもできるでしょう。

このようにちょっとした心がけで、ワンちゃんの車酔いの可能性を減らすことはできます。
それでもどうしてもよってしまうなら、病院で酔い止めの薬をもらうことをおすすめします。

>>犬用長生きサプリはこちら