HOME > 犬も風邪をひくの?

犬も風邪をひくの?

犬も風邪をひくのかという素朴な疑問ですが、犬も人間と同様風邪をひきます。
ただし犬の場合は風邪という名称ではなく、呼吸器系の疾患として診断されます。

症状としては熱が出たり、鼻水や咳が出る、息苦しくなるなどですが、人間でいうところの風邪とほぼ同じ症状です。
風邪の諸症状が出たり、一日中ぐったりしている、食欲がなくなるなどの症状が現れたら注意してください。

犬の風邪は人間と同様、細菌やウィルスに感染して、鼻や口などの粘膜に炎症を起こすことで発症します。
特に空気が乾燥して、気温も低下する冬の季節などは、粘膜の抵抗力が低下するので風邪をひきやすくなります。

犬は体温調節が上手に出来ませんから、飼い主が温度や湿度に気を使う必要があります。
またチワワなどの小型犬、短毛のシングルコートの犬は寒さに弱いので、外出時は洋服を着せてあげると良いでしょう。

また犬は人間が感染するようなウィルスでは感染せず、違った種類のウィルスに感染します。
ですから人間と犬で風邪を移しあうようなことは起こりません。

これは人間と犬のウィルスに対する受容体が異なるからです。
ですからもし飼い主がインフルエンザに感染しても、ワンちゃんには移りませんのでご安心ください。

ただ当然ながら犬から犬へとウィルスが感染することはあります。
風邪のウィルスは直接触れ合わなくても、飛沫感染しますので注意してください。

ワンちゃんが発症する呼吸器系の感染症の原因として、ケンネルコフというウィルスがあります。
通常の風邪と思っていただいて結構なのですが、免疫力が弱い子犬や老犬が感染すると肺炎を合併して命を落とすこともあります。

ワンちゃんが風邪をひいたら消化の良いものを食べさせて体力をつけるしかありません。
症状に改善が見られないようなら早めに獣医さんに診てもらい、薬を併用したり、点滴を打って栄養補給するのも良いでしょう。

またケンネルコフの感染症は事前にワクチンを接種しておくと予防できる病気です。
心配な方は獣医さんにご相談ください。

それから腸内環境が整っていると犬も免疫力が強くなります。
日ごろから食事には気を使い、腸内環境を正常化しておくと病気にもかかりにくくなりますよ。

犬長生きサプリメント