HOME > 犬と一緒に寝るのはおすすめできない

犬と一緒に寝るのはおすすめできない

可愛いワンちゃんと、同じ布団で一緒に寝たいと、考えている飼い主の方もいるのではありませんか。
しかし犬と一緒に寝てはいけないと聞いたことがありませんか。

なぜ犬と一緒に寝ることが禁止されてしまうのでしょうか。
一つの理由として、犬と飼い主の上下関係が崩れてしまう恐れがあるといいます。

犬は序列を付ける動物なのはご存じのことでしょう。
ですから、一緒に寝ることで、犬と飼い主が、同列とみなされてしまう危険性があるというわけです。

飼い主をなめるようになってしまうのは、確かにちょっと問題ですね。
しかし長年犬と一緒に寝ている友人や、ドッグトレーナーの方も一緒に寝ているようですが、上下関係が崩れていないようです。

一般的に一緒に寝ることで、上下関係が崩れるというのは良く言われることです。
しかし個人的にはこの問題は、それほど気にしなくても良いように思います。

とはいえ、飼い主が犬と一緒に寝ていいという理由にはなりません。
犬と一緒に寝ることが危険視されるのは、他にも理由があります。

例えば、飼い主の方がベッドを使って寝ている場合、一緒に寝ることで、ワンちゃんがベッドから落下する危険性があります。
それに人間に比べ、高さのあるベッドに上ったり下りたりを繰り返すのは、犬にとっては結構負担だったりします。

ではベッドではなく、布団で寝る場合は問題ないということでしょうか。
布団であれば落下の危険性も少ないですし、体に負担をかける心配もありません。

しかし、飼い主が寝ている間に、どんないたずらや悪さをしていても、気づかない恐れがあります。
例えばアクセサリーや小物を誤飲してしまったり、犬が食べてはいけない食べ物を食べてしまうかもしれません。

ケージなどに入れておけば、予想外の行動に出る心配は少ないですが、一緒に寝る場合はそうはいきません。
こう考えると、犬と一緒に寝るのはあまりおすすめできないことが分かります。

>>乳酸菌と酵素が摂れる犬用サプリはこちら