HOME > 犬のいびきは要注意

犬のいびきは要注意

犬のいびきを聞いたことがありますか?
犬がいびきをかいて寝ていると気持ちよさそうで、微笑ましいものです。

でもいびきをそのままにしていると危険かもしれません。
ここではいびきのメカニズムとリスクについて解説したいと思います。

いびきが何故起こるかというと、空気の通り道が狭まっているからです。
眠っている間はどうしても筋肉が弛緩してしまうので、いびきが起きやすいのですね。

人間の場合は肥満や疲労、ストレス、老化、風邪、鼻炎などがいびきの原因になりますが、同じような原因で犬がいびきをかくことはあります。
例えば犬も太り過ぎると喉周辺に脂肪が付いて空気の通り道が狭くなることがあります。

また鼻粘膜や気管の粘膜が炎症を起こし、気道が狭まっていびきの原因となることもあります。
このように気管が押しつぶされて気管が狭まる病気は気管虚脱といって犬特有の病気であります。

また犬のいびきの原因として多いのが、軟口蓋過長症と呼ばれる病気です。
犬には軟口蓋という、人で言うところののどちんこがあります。

この軟口蓋が長くて気道を狭めてしまい、いびきを起こしてしまうものです。
特に鼻の短いブルドッグやシーズーなどの犬種によく見られます。

いずれにせよいびきが何らかの病気のサインであることは十分考えられます。
放っておくと呼吸困難やチアノーゼを引き起こすこともあるので、いびきが慢性的に続くようであれば、獣医さんに診てもらった方が良いかもしれませんね。

犬長生きサプリメント