HOME > お風呂で暴れる犬を大人しくする方法

お風呂で暴れる犬を大人しくする方法

犬は人間ほど頻繁にお風呂に入りませんが、たまにはお風呂にいれてきれいにしなければなりません。
しかし大人しくお風呂に入ってくれる犬ならともかく、暴れる犬は大変ですね。

お風呂は気持ちいいですが、実際お風呂が嫌いな犬もいます。
お風呂で暴れる犬を大人しくお風呂に入れることはできるのでしょうか。

人間でも赤ちゃんや子供は、目や耳に水が入るのを嫌がりますね。
これは水に対する恐怖心があるためで、目や耳に水が入ったり、入りそうになると拒絶反応が起きるのです。

犬だって一緒で、目や耳に水が入るのが嫌なんですね。
犬の耳は大きいため水が入りやすく、水が入ったままにしておくと中耳炎や外耳炎になる危険性もあります。

犬がお風呂で暴れるのは、もしかしたら以前頭からお湯をかけたりして、犬をびっくりさせたからではありませんか。
そうするとお風呂は怖いもの、嫌なものと覚えてしまうので、お風呂に入るのを嫌がるわけです。

ですから犬にお風呂を好きになってもらうには、お風呂は怖くないもの、気持ちいいものと思わせる必要があります。
決して楽をしようと体全体にお湯をザバーッとかけてはいけません。

赤ちゃんをお風呂に入れるときのように、少しずつ体を濡らしながら、体を洗っていくようにします。
シャワーの音やお湯がはねるのを嫌がる可能性があるので、体を濡らしたらシャワーを1回1回、こまめに止めると良いでしょう。

洗剤の流し忘れは肌荒れや皮膚炎の原因になるので、しっかり洗い流し、タオルでしっかり水気をとってあげるようにします。
愛情をもって犬をきれいに洗ってあげると、犬もそのうちお風呂が好きになるのではないでしょうか。

嫌がって暴れるうちは大変かもしれませんが、なだめながら気長に付き合ってあげましょう。

>>犬を長生きさせる犬用サプリはこちら