HOME > 犬のフケが多いのは病気?

犬のフケが多いのは病気?

フケが出るのは人間特有の症状ではなく、皮膚があればフケが出る生き物はたくさんいます。
ですから犬も例外ではなく、フケが出ます。

特に人間のように頭皮だけ毛が多いわけではありませんから、体毛のある犬は体の至るところからフケが出る可能性があるのです。
ちなみにどんなに健康であってもフケは出ますから、多少のフケは気にする必要はありません。

しかしながらあまりにフケが多い場合は何らかの原因があるのかもしれません。
フケは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものですが、一般的にフケ症の人は頭皮が乾燥していることが多いようです。

同様にワンちゃんも皮膚の乾燥によって痒みが生じ、引っ掻いてしまうためにフケが大量に出るのかもしれません。
乾燥している原因は色々ありますが、もしかしたらシャンプーが強すぎるのかもしれないし、あるいは食事で栄養が足りていない、単純に空気が乾燥しているのかもしれません。

犬は体毛に覆われているため分かりづらいですが、人間よりも皮膚が薄く、肌が弱いのです。
ですから犬の乾燥肌を防ぐために、冬は加湿器を付けてあげたり、お肌に優しいシャンプーを使ってあげる必要があります。

逆にシャンプーの後はしっかり乾かしてあげないとカビが発生し、カビがフケを発生させてしまうかもしれません。
ですから雨に濡れた時や水浴びをしたときなど、こまめにワンちゃんの毛を拭いてあげるようにしましょう。

ただワンちゃんのフケが異常に多い、という場合は一度病院に診てもらった方が良いかもしれません。
ただの皮膚の乾燥ではなく、寄生虫に感染していたり、あるいはアレルギーであったり、疥癬といった病気にかかっている可能性もあります。

いずれにせよ心配であれば獣医に診てもらいましょう。

犬長生きサプリメント