HOME > 犬が誤飲したときの対処法

犬が誤飲したときの対処法

犬を長生きさせるために知っておきたいことがあります。
それは犬が誤飲したときの対処法です。

飼い主も常にワンちゃんを見てるわけではありませんから、犬の誤飲事故は意外と多いのです。
犬が誤飲しないためには常に飲み込んでしまいそうなものをしまっておくということなのですが、いざ誤飲をしてしまったらどうすれば良いのでしょうか。

間違って誤飲をしても、犬はケロッとしていることもあります。
そのまま何事もなくウンチとなって出てくれば良いのですが、いきなり容体が急変したり、最悪の場合命を落としてしまうことも無いとは言い切れません。

では犬が誤飲してしまうものはどんなものがあるでしょうか。
例えばおもちゃです。

おもちゃは人間の子どもが遊ぶものから、犬専用のものまで色々ありますが、必ず犬専用のおもちゃで遊ぶようにしてください。
というのも犬専用のおもちゃは誤飲を想定して作られているので、人間の子ども用のおもちゃよりも安心です。

とはいえ絶対に飲み込まないわけではないのでおもちゃで遊ぶときは目を離さないようにしてください。
大きめのおもちゃは飲み込めないので大丈夫と思っていても、遊んでいる内にパーツが取れてごっくんなんてこともあります。

それからティッシュや紙類も良く犬が間違って食べてしまうものの一つです。
飼い主も気づかぬ内に食べていることが多く、便と一緒に出てきて気づくなんてこともあるようです。

ティッシュや紙類は食べてしまっても平気なことが多いですが、下痢や嘔吐をするようであれば病院に連れていった方が良いかもしれません。
普段は何気なく過ごしていても、好奇心旺盛な犬にとっては家の中は誤飲してしまいそうなものがたくさんあります。

特にお腹が空いていると、すぐに口に入れようとするので注意してください。
危ないものは周囲に置いておかないことが一番です。

薬剤や医薬品なんかも不用意にその辺に置いておかないようにしましょう。
アメリカではペットの医薬品の誤飲は多いようです。

では万が一飲み込んでしまったら、飼い主はどうすれば良いでしょうか。
吐き出させる場合はオキシドールなどを用いることが多いようですが、誤飲したものによっては無理に吐き出させない方が良いものもあります。

例えば尖っていたり、硬いもの、薬剤などは内臓や食道を傷つける恐れがあります。
どうすれば良いか分からない場合はすぐに動物病院に連絡し、獣医師さんの指示通りにしましょう。

犬長生きサプリメント