HOME > 犬に必要な栄養とは

犬に必要な栄養とは

長生きするには毎日の食事で必要な栄養を取ることが不可欠です。
これは人間にも犬にも言えることだと思います。

しかし人間と犬では必要とする栄養が異なるのをご存じでしょうか。
人間に必要な栄養といえば、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルといった、いわゆる五大栄養素です。

しかし犬の場合は少し異なります。
人間の主食は炭水化物ですが、犬の主食はたんぱく質です。

元々犬は肉食動物であり、エネルギーに変えたり、体を作る上でたんぱく質は欠かせません。
しかしその一方で犬には炭水化物はほとんど必要ありません。

犬は炭水化物を上手く分解することが出来ないので、むしろ摂取しない方が良いという専門家もいるぐらいです。
また脂質については、犬は脂肪の消化吸収力が高いので、摂り過ぎると肥満になります。

人間と同じ程度摂取する必要はありませんが、ビタミンを運ぶ働きを担っているので、必須脂肪酸はある程度摂取した方が良いでしょう。
次にビタミンとミネラルですが、犬はビタミンCを体内で生成できるため、ビタミンを摂取する必要はありません。

ミネラルについては必要ですが、それ程たくさん摂る必要はありません。
ただしカルシウムはたくさん摂る必要があり、その必要量は人間の14倍とも言われています。

このように人間と犬とで必要とされる栄養素の量が異なります。
下手に人間の食事を与えていまうと臓器の機能が低下したり、病気にかかる可能性すらあるのです。

なおドッグフードには犬に必要な栄養を考えて開発しています。
ですから犬を長生きさせるなら、ドッグフードを与えるのが一番なのです。

また、犬も腸内環境が乱れていると、免疫力が低下したり、病気にかかりやすくなります。
犬用サプリメントで腸内環境を整えましょう。