HOME > 犬がコーヒーを飲める量と中毒症状

犬がコーヒーを飲める量と中毒症状

犬にコーヒーを与えても大丈夫か否か、これはもちろんやめておきましょう。
見ていないうちにこっそり飲んでしまった、ということもあるでしょう。

たとえ犬がコーヒーを飲んでしまっても、少量であればそれほど気にする必要はありません。
しかし、やはり犬がコーヒーをがぶがぶ飲むのはおすすめできません。

なぜか、それはカフェインが犬の体に悪影響を与えるからですね。
人間であってもカフェインを摂りすぎると、体調が悪くなります。

吐き気をもよおしたり、胃が痛い、お腹が痛い、動悸や息切れがする、なんてことあります。
それを特に数キロしかない小型犬がコーヒーをがぶがぶ飲んでしまったらと、考えただけで恐ろしいです。

一口に犬といっても、大きさや体重もさまざまです。
目安としては、体重が1キロ当たり摂取できるカフェインの量は100mgから200mgといわれています。

もちろん大きな犬の方が、摂取できるカフェインの量も多くなるでしょう。
ただあくまで目安ですので、これより少ない量で、なんらかの中毒症状が出ることも否定できません。

ちなみにカフェインの量ですが、コーヒー1杯でどのくらい含まれているか、ご存じですか。
抽出の仕方にもよりますが、一般的なコーヒは100mlあたり、30mgから90mgぐらいカフェインが入っています。

コーヒー1杯で150mgあるでしょうから、場合によってはコーヒー1杯でカフェイン量が100mg超えてしまいますね。
しかも、ドリップにしたり、エスプレッソにした場合は、カフェインの量も多くなります。

ですからコーヒーを丸々1杯、犬が飲んでしまったら、ちょっと危険かもしれません。
なお、犬がコーヒーを飲むと、どんな症状が現れるのでしょうか。

人間がコーヒーを飲み過ぎたときのように、嘔吐や下痢、息切れ、目まいやふらつきといった症状が出ることもあります。
また、体が痙攣をおこしたり、昏睡したり、頻尿や失禁を起こしたり、場合によっては死に至ることもあります。

ですから、間違っても犬にはコーヒーを与えないことです。
誤飲しないように、その辺にコーヒーを置いておくのも避けなければなりません。

万が一、がぶ飲みしてしまったら、どうすれば良いのでしょうか。
もちろん異常が見られなければ大丈夫なことも多いですが、心配なら病院に連れていくことですね。

犬長生きサプリメント