HOME > 犬の口臭の原因は?

犬の口臭の原因は?

犬は基本的に口が匂うことはありませんが、口臭がするようなら注意が必要です。
胃腸にトラブルがあるか、あるいは歯垢が溜まっている、あるいは歯周病が侵攻しているかもしれません。

通常ワンちゃんに口臭はありません。
何故なら犬は人間に比べて虫歯になりにくいのです。

これはpH値が異なるためで、犬は人間に比べてpH値が高く、弱アルカリ性と言われています。
虫歯菌はアルカリ性の環境では生きていけないので、弱アルカリ性に保たれている犬の口の中では虫歯菌が繁殖しにくいというわけです。

それから虫歯の原因は炭水化物と言われますが、犬の主食はたんぱく質であり、基本的に炭水化物を摂取する必要がありません。
そもそも犬は炭水化物を分解するアミラーゼという酵素が存在しないのですが、炭水化物を摂取しないので虫歯にもなりにくいのです。

しかし虫歯になりにくいとはいっても歯垢は溜まっていきます。
歯垢は食べ物のカスや雑菌などさまざまなものが付着して出来ていますから、当然その臭いは強烈です。

また犬は歯周病になりやすい動物です。
犬の口内は弱アルカリ性に保たれているわけですが、それゆえに歯石が出来やすいのです。

歯周病は当然口臭の原因にもなりますが、放っておくと歯周病菌が体中を巡って、血栓を作ったり、心疾患や肝臓疾患、腎臓疾患などさまざまな病気を引き起こします。
あるいは歯周病菌は骨も溶かすと言われますから骨がもろくなったり、皮膚に膿が出てくることもあります。

たかが歯周病と侮っていると非常に危険なのですね。
ですから虫歯になりにくいとはいえ、ワンちゃんもオーラルケアが必要というわけです。

このように大抵は犬の口臭の原因はお口のトラブルがあることが多いです。
しかし中には胃腸が弱っていて、ワンちゃんの口臭を発生させていることもあります。

その場合はワンちゃんの消化能力に合わせた食事を与えてみるのも良いでしょう。
腸内環境が良くなると気になる体臭や口臭も改善することもあります。

>>犬の腸内環境を整えるサプリメントはこちら