HOME > 犬の暑さ対策

犬の暑さ対策

犬は多くの毛が体を覆っています。
人間よりも体温調節が下手なので、しっかり暑さ対策をしないと熱中症になったり、命を落とすこともあります。

私たち人間は22度を聞いてもそれ程暑い印象を受けません。
しかし犬にとっては22度を超えると熱中症のリスクが高まると言われますから注意が必要です。

犬は全般的に人間よりも低い気温で熱中症になりやすいのですが、中でも熱中症になりやすい犬種がいます。
熱中症になりやすい犬種としては、生まれたばかりの子犬や体力の衰えている老犬、肥満気味の犬、被毛が多かったり黒っぽい犬などです。

北方犬種も寒い地方の犬なので暑さには弱いでしょう。
それから鼻が短い犬も気道が狭いので暑さには弱いようです。

最近では室内で犬を飼う家庭も増えてきましたが、室内犬も暑さ対策は必要です。
特に夏場は思っている以上に室内の気温や湿度が高くなります。

直射日光が当たらないからといって油断していると、ワンちゃんが熱中症になる可能性大です。
室内犬の暑さ対策としては、日中はカーテンやブラインドを閉めておくこと、換気を良くして湿気や熱がこもらないようにしておくこと、エアコンを付けておくことなどが考えられます。

ワンちゃんだけでお留守番をするようなら、暑さ対策をしておかないと命にかかわります。
それから室外犬の場合は直射日光の当たる場所やコンクリートなど土の無い場所で飼わないこと、常にお水を置いておくことなどが考えられます。

よく犬がベロを出してハアハアしている姿を見かけますが、これはパンディングといって体の熱を放出するために行うものです。
犬は汗腺が肉球にしかないので、人間のように汗をかいて体内の熱を放出することが出来ません。

ですから大切なワンちゃんが熱中症になったり、命を落とさないためには飼い主がワンちゃんの暑さ対策をしっかり行うことが大切です。

犬長生きサプリメント