HOME > 犬の甘噛みは止めさせた方が良い?

犬の甘噛みは止めさせた方が良い?

犬は大人になっても可愛いですが、子犬のうちはさらにかわいいですね。
部屋の中でおしっこされたり、家具を傷つけられたり、汚されたりされても、許してしまいます。

子犬も飼い主を認めると、じゃれてきたり、甘噛みしてくることがありますね。
だんだんと噛む力も強くなってくるので、時には痛みを感じることもあるでしょう。

子犬のうちは良いですが、この甘噛みは放っておくと、大きくなって手に負えなくなります。
犬の体が大きくなってなんとかしようと、しつけをしだす人がいるくらいです。

しかしできることなら子犬のうちに、この甘噛みを止めさせるしつけをした方が良いでしょう。
なぜ犬は甘噛みをするのでしょうか。

これは人間の子供と同じで、1歳未満のうちに歯が永久歯に生え変わるため、痒くてつい噛んでしまうのです。
何かを噛んでいると、かゆみも少しは和らぎますね。

飼い主に限らず、おもちゃなど、ガジガジ噛むのはこういう理由があったのです。
飼い主の手や腕を噛むのも、最初はじゃれているだけと考えられます。

しかし噛み癖は大人になったからといって治るわけではありません。
場合によっては、エスカレートして本気で噛んできたり、唸って威嚇するようになる可能性もあります。

また甘噛みを放っておくと、飼い主をなめるようになるので、早めに止めさせた方が良いでしょう。
でも、どうやって甘噛みを止めさせれば良いのでしょうか。

本などを見ると、噛みついてきたら叱ったり、無視をするなどするのが有効と書いています。
こうすることで、噛むことがいけないことだと思わせることが必要だというわけです。

しかし子犬が甘噛みしてきたときに、むやみに叱るのは良くない結果を引き起こすこともあります。
子犬を叱ることで、ストレスを抱えたり、興奮してさらに強く噛んでくる可能性もあるのです。

ですから子犬がストレスを抱えないような環境を作ってあげることも忘れてはなりません。
もし他の犬とかかわりもなく、安全な室内で過ごすだけでは脳も発達せず、周りの世界とのかかわり方も学ぶことができません。

そのため、子犬であっても外を散歩させるなどして、ストレスを発散させてあげるようにしましょう。
散歩をさせてあげれば脳にも刺激が与えられ、健全な脳の発達を促すことができるでしょう。

さらに疲れて良く眠るようになるので、甘噛みするような暇すら与えないで済むのです。
室内でボールなどのおもちゃを使って遊ぶだけでは、ストレスやフラストレーションを発散させることができません。

もちろん、子犬のうちから危険な場所を散歩させるのは危険です。
まずは他の犬のない、車の走らない自然豊かな場所を歩かせてあげることから始めてみましょう。

家の敷地に庭があれば、そこを散歩させてあげるだけでも良いのです。
激しく運動させなくても、のんびり散歩させてあげるだけでも、十分脳や体に刺激を与えられるでしょう。

成長とともに、徐々に散歩する場所を変えてあげればよいのです。
甘噛みは止めさせた方が良いですが、やり方は考えなければいけませんね。

>>犬を長生きさせる犬用サプリはこちら