HOME > 犬にもアレルギーがある

犬にもアレルギーがある

犬にも人間と同様、アレルギーというものがあります。
アレルギーとは体の免疫システムが誤作動を起こし、食べ物やハウスダストなど本来無害な物質に対しても過剰な免疫反応を起こしてしまうものです。

人間のアレルギー疾患としては、喘息やアトピー、鼻炎、花粉症などが代表的な症状です。
犬の場合も同じような症状を発症しますし、他にも消化器官に症状が出る犬もいます。

中でも特に多いのが皮膚症状で、皮膚に湿疹が出来たり、痒み、脱毛を引き起こすことがあります。
痒がったり、フケが出やすい、換毛期でもないのに毛が抜けやすいといった症状が出たら注意してください。

犬はノミが付きやすいのですが、ノミアレルギーに悩む犬も多いようです。
ノミの唾液にはたんぱく質などのアレルゲンになりうる物質が含まれるので、ノミに吸血されるとアレルギー疾患を引き起こすことがあります。

また食べ物が原因でアレルギーを起こしている犬も多く、ドッグフードに含まれているお肉類や乳製品、大豆、卵などにアレルギー反応を起こしている可能性は十分に考えられます。
遺伝的な要因も考えられますが、アレルギー反応を起こすようになるのは、抗原との接触機会が多い程そのリスクを高めます。

普段からワンちゃんの行動を観察し、異常のある行動が見られたら獣医さんに診てもらったり、アレルゲンを特定して遠ざけるなどの対策が必要になります。
またアレルギーになるのは、腸内環境が悪化して免疫力が低下していることも考えられますから、乳酸菌や酵素を摂取して腸内環境を整えることも大切です。

>>乳酸菌と酵素が摂れる犬用サプリはこちら