犬が長生きする秘訣

犬も家族の一員、少しでも長く生きて欲しいと思うのはごく自然なことです。
しかし犬を長生きさせるには、私たち人間が正しい知識を持たないといけません。

犬の平均寿命は犬種にもよりますが、10歳から14歳程です。
もちろん長生きする子は20歳くらいまで生きますから、あくまで目安として捉えてください。

ではどんなことに気を付ければ良いのかでしょうか。
色々ありますが、要約すると次の2点に絞られます。

ストレスを与えない

エサに気を使う

人間と同様、犬を長生きさせる秘訣は腸内環境にあります。
腸には免疫細胞の60%以上が集中しており、腸内環境が低下するとさまざまな病気を引き起こします。

ある研究では腸内ケアをするだけで犬の寿命が1.5倍にも伸びるといいますから、普段から腸内環境を正常に保っておかなければなりません。
もし次のような症状が出ているようであれば、ワンちゃんの腸内環境は乱れているかもしれません。

うんちが臭い

毛並みがパサつく

食欲がない

どうして腸内環境が乱れるかといえば、一番大きな要因は食事にあります。
食べ過ぎも良くありませんし、栄養価の低いドッグフードばかり食べさせるのもいけません。

またドライフードばかりあげていると、腸内の善玉菌が不足する可能性があります。
何故ならドライフードでは酵素も乳酸菌も摂取できないからです。

もしワンちゃんの腸内環境が乱れているなら、犬の腸内環境をサポートする【ずっと一緒だワン】 をお試しください。
放っておくと抜け毛やアレルギー、皮膚疾患や内臓疾患を引き起こす可能性だってあります。

少しでも気になることがあれば、一度ワンちゃんの健康診断を受けた方が良いかもしれませんね。
飼い主が少し気を付けるだけで犬も長生きできるのです。

犬長生きサプリメント